狼 煙

 狼煙(禄剛崎)は、朝日も夕日も海からのぼり海にしずむ日本でただ一カ所のところ。狼煙の灯台へは、徒歩で約7、8分の距離にあります。晴れた日には、立山連峰や佐渡島も見渡せます。
 また、「須須神社」へは、車で15分程度で行く事が出来ます。
 「民芸茶屋」は、狼煙の灯台のふもとにあるお食事処です。開店は、能登の観光ブームがピークを迎えようとした昭和48年4月1日。
 近年、狼煙への観光客の入り込みは当時に比べ半減したとはいえ、狼煙を訪れる観光客は、リピーターが多く、民宿などには新鮮な魚をお目当てに、常連のお客さんが家族を連れて3・4日滞在することもあります。
 「民芸茶屋」のもう一つの大きな魅力は、寺井重三氏、端清氏、小西啓介氏、岡崎洋児氏、小田原延子氏など狼煙、珠洲、能登ゆかりの作家たちの絵画、沈金、蒔絵や書、貝細工など20点に及ぶ作品が24坪の店内を飾り、さながらギャラリー喫茶としても楽しめること。

 「狼煙の灯台」にのぼり、美しい海を堪能した後は、「民芸茶屋」で、どうぞごゆっくり。
 「お食事&喫茶 民芸茶屋」のお勧めメニューは、5月〜10月の季節限定ながら、店主の小坂一平さん自ら釣ってくる豊富な魚介類の刺身、焼き物そして煮物

 なにしろ、すぐ側のきれいな海から獲ってきた魚が、奥さんの包丁で手際よくさばかれ、あっという間にお店のお皿に乗るのだからおいしいのは当たり前です。
■メニュー
 ・定食    ・手作りカレー
 ・そば        ・丼物
 ・ラーメン      ・飲み物類
 ・うどん        (ビール、酒)
 ・サンドイッチ
 ・トースト      ・ケーキ
 ・ジュース類(HOT、COLD)  など

 おすすめは、さざえ丼やワカメラーメン、特製の民芸茶屋定食です。また新メニューの「豆腐丼」も好評です。個人や団体(20人未満)のご予約も承ります。座敷12席、カウンター7席、テーブル40席の広さとなっております。
 平成21年4月29日オープンした「交流会館のろし」はすぐそばです。

 大浜大豆を原料にした豆腐や地元で採れた山菜などを販売しています。お土産にどうぞお買い求めください。



大きな地図で見る


○お問合せ・ご予約は
民芸茶屋(みんげいちゃや)

  〒927-1441
   珠洲市狼煙町へ−84
   電話 (0768)86-2358
   FAX (0768)86-2358
  ■営業時間
    5月〜9月 午前9時〜午後6時
    10月〜4月 午前10時〜午後5時
  ■定休日
    年中無休

  ■駐車場あり
    当店の駐車場のほか、向かいの
    駐車場も使えますので、大型でも
    大丈夫です。